各医院のご案内

  • しんまちはり・灸・整骨院
  • 北上りはびりデイサービス

私たちの7つの本気、3つの約束

交通事故後のむち打ち、後遺症もご相談ください

ご来院から施術まで心を込めてお迎えします。

はり、灸の疑問にお答えします。

ブログ:鍼灸柔道整復師の徒然日記

よくあるご質問

徒手療法ってどんな治療ですか?


見た目は普通のマッサージですが、一つ一つの筋肉を丁寧に探索して、問題のある 筋肉にアプローチします。痛いかもしれませんが「あ~それそれ!」の納得できる 痛みです。

鍼灸は痛くありませんか?


「はり」というと縫い針や注射針をイメージされる方がほとんどかなと思います。だから、「刺すと痛い」と思うのでしょうね。だけど、灸で使う「はり」は、”針”ではなく縫い針や注射針よりもずっとずっと細い髪の毛ほどの太さなのです。 その細い針を「管」という筒に入れ、はりの頭をポンと叩き、一瞬で刺入ます。しかも、神経を避けて刺入ますから、一般的に想像されるような痛みはないのです。ただ、人の痛みの感覚には個人差がありますので、太さや本数などで、施術方法に変化を与えます。 不快な感覚があれば、遠慮なくどんどんおっしゃってください。

お灸って熱いんだよね? あとが残ったり火傷にならないの? 臭いも気になるんだけど・・・


当院の灸は、皮膚に直接もぐさを置かない温灸ですので、熱くなく体に傷が付きません。煙や臭いもほとんど気にならない「短時間」の灸ですので、ご安心ください。

鍼灸は何で効くんですか?


わたしたちの身体は全身の微妙なバランスの積み重ねで出来上がっています。 たとえば、手足がほてるから冷やせば良いかというとそうも限りません。どこか一番つらい不調を補うために無理が重なって他のとことに症状が現れることだってあります。たとえば、膝が痛む人は、歩き続けているうちに次第に腰が痛くなり、さらにはその腰をかばうために肩がこる…なんてことも結構あるのです。わたしたちの身体はいつも治ろう、治そうとしています。「経絡(けいらく)」という全身をめぐるエネルギーの流れを調整し、あなたの自然治癒力を助けていこうというのが東洋医学の考え方です。はりや灸でツボを刺激することが経絡の調整となり、全身症状の緩和につながるのです。だから、効くんですよ。

どんな服装でいけばいいの?


普段着で大丈夫ですが、治療内容によっては固いコルセットや、上着などは治療着に着替えて頂くこともあります。
治療ベットは、カーテンで仕切ってますから、着替えもご安心してください。

健康保険は使えますか?


整骨院では健康保険が使える場合と、そうでない場合があります。

〇健康保険が使える場合
 急性のケガ 捻挫・打撲・挫傷・骨折、脱臼の応急処置
 例)ぎっくり腰、寝違え、転倒による捻挫・打撲、スポーツ外傷(肉離れ)等

×健康保険が使えない場合(自己負担)
 ・慢性症状
  例)日常生活からくる肩こり、腰痛、筋肉疲労
    過去の交通事故や病気などによる後遺症 等
 ・すでに医療機関で同じ傷病の治療を受けている場合、同時に並行して治療を受けることはできません。

 慢性的な症状であっても数日間で痛みが悪化した場合などについては、健康保険が使えることもありますので、まずはご相談ください。

治療時間はどれくらいなんでしょう?


基本的な治療時間は1時間から1時間半ほどかかります。患者さまの状況により多少変動することもあります。

治療費はどのくらいですか?


保険内と保険外の治療がありますので、各院の料金の目安を参考にして下さい。
「しんまちはり・灸・整骨院」「セントラル鍼灸整骨院」 
〇自己負担の場合 
手技治療20分 2,300円~(電気治療・ウォーターベッド含む)


トップへ戻る