交通事故治療

交通事故から治療に向けて

大切なことは「早い段階で治療をする」こと

大切なことは「早い段階で治療をする」こと

交通事故に遭った場合、一番大事なことは、「早い段階で治療をする」ことです。
軽いケガだと思って放っておくと、後々痛みや痺れなどの症状が出てくることも少なくありません。
また、目に見えるひどい外傷がなくても、倦怠感やだるさ、頭痛や吐き気、不眠症状などで悩まされることが非常に多いのです。
当院ではそういった方々の早期回復に向けて、患者さんの痛みを少しでも早く取り除く為に、基本的には手技療法(マッサージ、はり、灸、整体)を中心に患者さんにあった治療を行い、後遺症が残らないようにします。

万が一、交通事故に遭ってしまったら?

万が一、交通事故に遭ってしまったら?

万が一交通事故に遭ってしまったら、最低限これだけは気をつけましょう!

  • 1)警察に電話届け出をしないと保険会社に提出する際に必要な「交通事故証明」が発行されません。
  • 2)相手の連絡先を控えておく「氏名」「住所」「自宅TEL」は最低限聞いておきましょう。
  • 3)事故の状況を記録で残す(デジカメ、携帯等で)記憶は曖昧です。車両の状態や、ブレーキの跡等、手持ちのデジカメや携帯のカメラ等で記録しておきましょう。
  • 4)自分の保険会社に連絡
  • 5)交通事故等を扱っている病院、整骨院を受診

交通事故から治療に向けて

頚椎捻挫(ケイツイネンザ)・むち打ち症

頚椎捻挫(ケイツイネンザ)・むち打ち症

むち打ちとは、交通事故などの衝撃で頭部が激しく動き、頚部などに障害が発生することをいいます。首や腰の筋肉・靭帯の炎症にとどまるものから、交感神経や神経根に障害が及ぶもの、脊椎本体に障害が及ぶものまで、様々な症状があります。

    主な自覚症状

  • 頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・首や腰の痛み・コリ・ハリ
  • 手足の痺れふるえ・脱力感・
  • 胃腸等消化器系統の機能低下・食欲不振

外傷

外傷

交通事故による外傷とは、捻挫・打撲・脱臼・骨折などを患います。手足の運動障害・関節を動かすと痛い・痺れ等の自覚症状が出ます。上記で心当たりがあれば、以下のような可能性が!

    主な自覚症状

  • 筋肉の損傷
  • 靭帯の損傷
  • 椎間板の損傷
  • 神経の圧迫、損傷
  • 血管の損傷
  • 骨の損傷
  • 脊髄の損傷
  • 炎症

INSTAGRAM